対象


大学受験予定の生徒。
(指定校推薦を考えている生徒も、推薦して貰えなかった場合に備えて、一般選抜向けの勉強は必要です。)

サポート内容


大学合格に必要な以下の環境を提供いたします。
・志望校を合格するために必要な参考書ルートの提供
・進捗管理
・英単語、熟語、古文単語、現代語単語、漢字の小テストと管理
・365日利用可能な自習室
・質問に対して24時間以内に解説をして貰えるLINEを利用した質疑応答システム(写メQ先生)
・その他、進路相談等

 

特徴


・基本、自学自習にて大学合格を目指して貰います。
・生徒は使用すべきテキストが分からないので、大学合格までにの道のりとして、使用する問題集・参考書と完了すべき期限を提供します。
好きな時間に自習室(防犯カメラ付き)で勉強して頂けます。(未成年なので22:00まで)
自習室の鍵はパスワード管理されており、受験生にパスワードを共有します。そのため講師不在の時間帯でも利用可能です。
年間費用は大手予備校の50%~70%に抑えられています。

授業の流れ


★前期(4月〜7月)
志望大学の全体の配点から考えて、その割合の高い科目を優先的に進めます。

①未履修科目の完成(数Ⅲ/理科/社会など)
②暗記系の作業(英単語/古文単語など)
③高2までに終えている科目の復習(弱点の洗い出し)
④受験方式の決定(指定校/公募/総合型を選択肢に入れるか)

★中期(8月〜10月/11月)
前期でやり残した部分の積み増しや弱い部分の補強を中心に進めます。

①前期でやり残した教材・再度回転させた方が良い教材
②個別試験(国公立の2次)で必要な科目の演習
③配点の低い科目も本格的にスタート(状況を見て)
④公募/総合型の準備

★後期(10/11月〜共通テスト)
共通テストと併願の私立大対策を中心に進めます。

①共通テストの過去問
②共通テストの予想問題集
③各私立大学の過去問
④それまで受験した模試の復習

★直前期(共通テスト以降)
国公立大の個別試験対策を行います。

①受験大学の過去問
②他大学の過去問