成績アップ実例(1学期中間テスト)

2022年度最初のテストの結果です。

今回の定期テストは諸輪中学でしか実施されませんでした。

今回の定期テストは入試制度改革への対応として、下記の点でイレギュラーな形で実施された。

・実施時期が4/25と非常に早く、新出のテスト範囲が狭かった。

・そのため、教科によっては既習範囲が出題された。

・1日で5教科のテストを実施する強行軍のため、テスト前日に5教科の勉強をしなければならなかった。

 

そのため、このような影響が考えられます。

・新出範囲が狭いため得点率が高く、既習範囲は習ってから時間が経って忘れている生徒が多く得点率が低い。

⇒ 塾の春期講習等で復習できている生徒に有利だった。

・前日に5教科勉強することは困難なため、計画的に勉強できた生徒に有利だった。

⇒ 塾で早めにテスト勉強をスタートできた生徒に有利だった。

 

 

≪結果≫

5教科合計点数で50点以上上がった生徒、単教科で20点以上上がった生徒のみ記載しています。

生徒数が一番少ない時期なので、成績アップ事例も少ないです。

快挙!! 生徒全員成績アップを達成!!

5教科合計:平均で60.7点アップ

 

6割の塾生が、入塾後初の定期テストであったことを考慮すると、圧勝でした。

 

ちなみに入塾後、定期テスト2回目以降の生徒5教科平均77.7点UP!

スリーセブンと縁起のいい数字でした。