2023年 愛知県公立高校入試 50%ボーダーライン

2022年度に実施された愛知県全県模試の追跡調査結果のデータを元に算出しています。

東郷町付近から受験する主な高校の50%ボーダーラインとなります。

東郷町の学習塾:自立学習型個別指導塾PALです。
内申アップ、受験対策、数学の成績アップはお任せください。

※取り扱い上の注意点です。

愛知県全県模試の偏差値で比較して下さい。
学校の実力テスト等との比較はNGです。

50%ボーダーライン上の生徒は5分5分で合格するわけではありません。
ボーダーライン上の生徒たちが努力した結果、ボーダーライン上の生徒の50%が合格ラインまで到達するという意味合いです。
人並みに努力しないなら、50%ボーダーライン上にいても合格する確率は0%です。

定員割れする高校 ≠ 卒業できる高校です。
内申ALL2程度の生徒が『東郷高校に進学は出来たが、勉強について行けなくて中退した』という話を時々聞きます。
学力が不十分な場合、定員割れした高校に進学はできても卒業できるとは限りません。
定員割れしそうな高校を志望校にする場合、進学するに適切な学力がどの程度か中学校もしくは塾に確認しましょう。

合格ラインがが大きく低下してきている高校も同様です。
例を挙げると東郷高校・愛知総合工科・名古屋商業はALL3(内申27)前後の生徒が多く集まる高校です。
主要5教科がALL3以上でない生徒さんや英語が苦手な生徒さんは避けることも選択肢に入れた方が良いです。
特に東郷高校は就職の斡旋がほとんどありません。高校卒業後は専門学校か大学の2択になります。

関連記事

  1. 私立推薦の生徒に公立A日程の問題を解かせてみた

  2. 愛知県全県模試の結果

  3. 塾っていつ頃に入れればいいの?(小中学生)

  4. 東郷町から通学可能な高校(普通科・進学科)

  5. 大学って何をするところなの?

  6. これは奇跡か!?愛知県高校入試結果