【高校入試】私立が良いか?公立が良いか?(1)

2年前まで愛知県の高校入試では、経済的に余裕があるなら私立、ないなら公立という判断が一般的でした。

2020年4月より、高校無償化の支援金枠が拡大し、私立高校進学でもほぼ全額支援されることになりました。

私立高校に入学した場合でも、収入が年720万以下(標準4人世帯の場合)であれば入学金と授業料が支援金として返ってきます。
※進学先の高校で支援金の申請をする必要があります。

私立高校の特待生制度もあまり意味を為さなくなりましたが、多くのご家庭で進学先の選択肢に私立高校も加えることが出来るようになりました。

 

愛知県公立高校入試では、定員割れにより実質的に入試の意味がない公立高校が増加しつつあります。

授業料無償化枠が拡大し、私立高校を回避する理由が減りました。

高校の選択基準が大きく変わってきました。

 

レベルが同じ私立と公立で迷ったら、設備や学校での待遇の手厚さの差から私立を選択することが多くなると思います。

 

私立高校を選択肢に入れた場合、大学受験も含めた高校卒業後の進路までを戦略的に考え、志望高校を選択する必要が出てきます。

その場合でも、大学に強いパイプを持つ私立高校が優位になることが多いと思います。

 

志望校検討の際、まず最初に

『男子校がよいか、女子高がよいか、共学がよいか?』

と言う切り分けから始まると思いますが、そこから先は成績により判断基準が異なってくると思います。

 

『以下、私の個人的な見解・思想です。毒されすぎないように注意して読んでください。』

 

偏差値65以上の場合、通学距離と高校の偏差値から選択するのが一番良さそうです。

ほとんどの場合、この二つだけで高校を選択するのではないのでしょうか?

私の時も、菊里-名東の組み合わせしか選択肢がなかったです。
(当時、菊里と比較できる高校が千種と向陽しかなかった。千種高校は組合わせる高校が通学距離の関係から見当たらない、向陽高校はそもそも通学距離に問題がありました。)

この層では、大学受験では大半が国公立か難関私立狙いになります。

指定校推薦を狙うより一般入試で大学を受験した方がレベルの高い大学に進学できる可能性が高いと言われています。

 

同レベルの私立高校があれば、設備面の問題から私立を選択したいところです。

しかし、愛知県にはこのレベルの高校は東海高校(男子校)と滝高校(江南市)しかありません。
他の私立だと、特進クラスを狙う形になります。

私立の特進クラスは部活動への参加を禁止するところも多いので、事前に部活動への参加可否を確認しておきましょう。

 

副教科が苦手だったり、授業態度や提出物の問題で内申点を貰いにくい生徒は、公立高校入試では不利になるため私立を選択した方が良いと思います。

 

 

偏差値55-65程度の場合、大学一般入試の適性がありそうかどうかが一つの目安になりそうです。

具体的には、

『大学受験で得点源として期待できる得意科目を持っている』

『テスト範囲の狭い定期テストより、全範囲を問われる実力テストの方が得意』

の2点を満たしていた方が大学一般入試は有利になると思います。

 

また、志望校にギリギリ合格した場合、指定校推薦は難しくなることを念頭に高校を選びます。

 

中学時代、実力テストの学年順位が定期テストの学年順位より明らかに低いのであれば、大学の一般入試は向いていないかもしれません。

定期テストで確実に点数を確保して、指定校推薦を狙った方が上手く行く可能性が高いと思います。

また、戦略的に指定校推薦を狙う場合、高校で上位にいられるよう志望校のレベルをわざと1つ落とすこともあるようです。

 

指定校推薦は私立高校の方が強いことが多いです。

また、エスカレータ(内部進学)で大学に入学できる大学付属高校も人気になるでしょう。

 

ただし、私立大学は国公立大学より授業料が高いので、経済的に私立大学への進学が難しい場合は国公立狙いとなります。エスカレータ(内部進学)で大学進学できる私立高校は捨てるしか手がないです。

国公立狙いの場合、指定校推薦の強い私立高校もそれほど魅力ではありません。

 

大学を一般入試で受験するつもりなら、出来る限りレベルの高い高校を目指しましょう。

受援勉強の際の雰囲気がだいぶ違います。

指定校推薦狙いなら私立大学とパイプの太い私立高校を少しレベルを落として受験するのも良いかもしれません。
※レベルを落として受験する場合、周りの生徒に流されて勉強で手を抜くと痛い目にあうこともあるので、目的意識を持って臨む必要があります。自己責任で。

 

副教科が苦手だったり、授業態度や提出物の問題で内申点を貰いにくい生徒は公立高校入試では不利になるため当日点のみで合否を判定する私立高校を探して受験した方が良いと思います。

 

 

 

 

関連記事

  1. 2020年度 愛知県高校入試 50%ボーダーライン

  2. 東郷町から通学可能な高校(商業系専門学科)

  3. 通知表の1・2・3・4・5の割合

  4. 東郷町近辺の進学事情

  5. Private Academic Lecture

  6. 東郷町から通学可能な高校(普通科・進学科)