令和5年度入学者選抜から愛知県入試制度が変わる!

現中1の世代から愛知県入試制度が変わるそうです。

噂で、受験できる高校が現状の2つから1つに減ると囁かれていました。

しかし、当初の噂とは異なり、受験生の負担が減る側の変更のようです。

複合選抜自体はそのまま。

 

試験の回数が、Aグル-プ1回、Bグループ1回の計2回から、計1回に変更されます。

また、一般入試で面接を実施するか否かは各高等学校の判断に一任されます。

更に、中学校長の推薦を必要としない、高等学校・学科の特色を生かした「特色
選抜」が新たに設けられるかもしれません。

 

愛知県の複合選抜は、中学浪人が発生しにくく、かつ、安全に挫折を経験できる秀逸な入試制度だと思っているので一安心です。

 

あとは、定員割れする高校が減るといいのですが今年はどうなんでしょう?

今年はかなり定員を削ったように見えますが、一方で私立志望のご家庭が増えたとも聞きます。

 

あとは、日進高校か衣台高校か三好高校あたりを、工業高校や商業高校に方向転換して、就職斡旋できるようにしてくれるとありがたいのですが。

まぁ、ないだろうな。

 

 

 

 

関連記事

  1. 愛知県公立高校入試で大幅に定員削減するも・・・。

  2. 【2学期中間テスト結果】右肩上がりで成績が上がり続ける生徒

  3. 夏が来ましたが。エアコン必須です。でも換気しなくては

  4. 本日は私立高校推薦入試でした。

  5. 体調不良で塾を休みにして分かったこと

  6. 諸中、東中の3年生よ現実を噛みしめて勉強せよ