2023年度愛知県高校入試改革➀

現中3世代より愛知県高校入試選抜の判定方式にⅣ、Ⅴが追加されます。ほとんどの高校で面接もなしになりました。

 

Ⅰ (評定得点)+(学力検査合計得点)
Ⅱ {(評定得点)×1.5 }+(学力検査合計得点)
Ⅲ (評定得点)+{(学力検査合計得点)×1.5 }
Ⅳ {(評定得点)×2 }+(学力検査合計得点)
Ⅴ (評定得点)+{(学力検査合計得点)×2 }

はⅡをより内申重視にした判定方式
はⅢをより当日点重視にした判定方式
になります。

 

参考HP:愛知県教育委員会(令和5年度愛知県公立高等学校入学者選抜(全日制課程)一般選抜における各高等学校の面接実施の有無及び校内順位の決定方式について)

 

東郷町の近隣高校では、天白高校以上のレベルの進学校が判定方式としてⅣを採択しています。
以下に東郷町近隣の高校の判定方式を抜粋します

 

高校(科) 面接  判定方式

愛知総合工科(工業) なし Ⅰ

愛知商業(商業) なし Ⅰ

昭和(普通)  なし 

天白(普通)  なし 

豊明(普通)  なし  Ⅰ

日進(普通)  あり  Ⅱ

日進西(普通)  なし  Ⅰ

東郷(普通)  なし  Ⅰ

豊田西(普通)  なし 

豊田東(総合)  あり  Ⅰ

衣台(普通)  なし  Ⅰ

豊田工科(工業) なし Ⅱ

三好(普通)  なし  (昨年:Ⅱ)

市立名東(普通)  なし 

市立名東(国際)  なし 

名古屋商業(商業) なし Ⅲ

 

 

 

 

関連記事

  1. 塾っていつ頃に入れればいいの?(小中学生)

  2. ほめる効果

  3. 2020年度 愛知県高校入試 50%ボーダーライン

  4. 第一志望校に合格する秘訣!?

  5. 【高校入試】私立が良いか?公立が良いか?(1)

  6. 2023年 愛知県公立高校入試 50%ボーダーライン